企業に求められる不正監視|盗聴調査して安全な生活を手に入れよう【不安な気持ちを無くす為に】

盗聴調査して安全な生活を手に入れよう【不安な気持ちを無くす為に】

企業に求められる不正監視

虫眼鏡

内部不正の監視方法

どのような企業でも事業を通じて利益を上げ、社員とその家族の生活を守っていかなければならなりません。そうした目的にとってマイナスになる要素は極力排除する必要がありますが、その中には企業内部の不正を監視してこれを防止するための対策も含まれます。社員による不正は企業の持つさまざまな資産を損なうだけでなく、時として顧客の信頼を失うことにもつながりかねないのです。企業にとってのこうした危機管理のあり方としては、事業所内への防犯カメラ設置などいろいろな手法が考えられます。場合によっては盗聴器や盗撮機器を発見するための調査も必要ですが、内部の不正を防止するための監視体制から漏れてしまいがちなのは営業に関わる部署です。営業担当社員の多くは外回りの仕事が多く、営業車を使って頻繁に外出しているため不正を監視するのが困難なのです。そのような営業担当者の中で不正の疑われる社員がいる場合は、gps発信機を使った追跡調査が企業の間でもよく行われています。浮気調査や素行調査に威力を発揮するgps発信機は小型化と高性能化が進んでおり、営業車に装着することによって外出の多い社員の行動も効率的に追跡調査できるのです。

位置情報を高精度に測定

gpsは複数の人工衛星から届く電波を利用し、到着時間の差から位置情報を測定するシステムです。カーナビに使われていることでもわかるように、自動車との相性が良いという点で営業車の追跡調査に最適な方法と言えます。営業担当社員の行動を監視する目的では、記録型のgpsロガーやリアルタイム追跡型のgps発信機が多く使われています。gpsロガーは発信装置そのものに移動履歴が記録されるため、通信業者と契約する必要がありません。最も安価に追跡調査が実現できる上にバッテリーの長時間稼働も可能とあって、浮気調査にもよく使われている手法です。一方では通常のgpsロガーの場合、通信業者との契約が必要なリアルタイム追跡型gps発信機と比べて位置情報の精度は落ちます。明らかに不正が疑われる社員の行動をリアルタイムで追跡するためには、電波を常時発信するタイプのgps装置が必須です。位置情報を高精度で測定できるリアルタイム追跡型gps発信機はレンタルでも利用できるため、導入する企業も増えています。現在ではこうした装置を活用することで外回りの多い社員の不正も監視できるようになり、企業の危機管理に役立っているのです。